座りっぱなしで無理やってませんか?

ココロやカラダの疲れに耐えて生産性の悪いことしていませんか?
ツラさや痛みに耐えながら仕事をしても、通常の3倍生産性が悪くなる
(経済産業省の調べ2016) 

当院はデスクワークでの肩こり腰痛などの悩みに特化した治療院です

目黒、赤羽そして現在飯田橋にて治療をしてきて担当してきた某企業の経営者や芸能人オフィスワーカーたちの共通した悩みのキーワードが 『肩こり、腰痛。そしてストレス』でした。
01

容赦ない治療

リピーターの患者様に容赦ない治療とよく言われます。
それは力まかせの治療ということではなく、
原因に究明してポイントをついた治療だからです。
患者さまのツライ場所にアプローチして、『それ!それ!』を感じてほしいです。 

02

当院患者の8割がオフィスワーカーの訳

普段のPCに向かう姿勢をイメージしてください

浅めに座った骨盤は寝た状態で、背中は丸まり、首は前に投げ出され、顎を突き出しそして腕はキーボードを叩き続けている

上記の各ポイントには奥深くに根深く固まっているコリが存在し痛みとなってでてきます。

マッサージや整体だけでは表面上しか取り切れず痛みを引きずってしまいがちです、 当院の施術は鍼灸や整骨院の技術を活かし、 かたまった筋肉をゴムのように伸ばしながら奥深くにアプローチしていきます。
オフィスワーカーの悩みを引きづらず、解決へのサポーター役として皆さまに施術を提供しております

修業で培ってきた経験、知識そして感覚を駆使して一緒にカラダの悩みを解決していきましょう! 


当院の使命

① オフィスワーカーにとって感じている痛みや悩みを解消!

② 元気を取り戻して休日の寝たきり状態を阻止!

③ 皆様にとっての身や心の拠り所【便】(ヨスガ)として 

院長 久田智也

Tomoya Hisata

2018年
年間お悩みランキング


男性女性
1位腰痛肩こり
2位肩こり冷え
3位坐骨神経痛むくみ
4位眼精疲労生理痛
5位不眠腰痛
6位ED顎関節症

治療コースおよび料金

※慢性疾患は鍼灸保険利用で下記の表示価格から保険で減額できます。
(詳しくはご相談ください) 

デスクワークコース
4500円(目安時間20-30分)

※下記のうち一つをメインに行います 
① ストレートネック、肩こり
② 腰痛、坐骨神経痛(ヘルニア、脊柱管狭窄症)
③ 片頭痛、眼精疲労
④ 足裏むくみ
⑤ 顎関節症
⑥ 五十肩

一言コメント:痛みに我慢して、悪循環になる前にカラダを整えてあげるのがベターです。 

address

〒102-0072 東京都‎ 千代田区飯田橋2-12-2MTビル一階
TEL: 03-6272-6874

当院は飯田橋と九段下の間を走ってる目白通り沿いファミリーマート近くに場所があるので、当院の大多数は仕事の合間を縫って休憩時間やお昼休みを利用して通う患者さまや近隣の住まれてる方達と妊婦様です。(水道橋駅からも大変近いです。)

営業時間
月 ー土(11:00 - 21:00 )日曜日祝日定休日
20時最終受付になります。
第1、3週の土曜日定休日

院長プロフィール

院長 久田智也

プロフィール
平成15年から治療業界に足を踏み入れる。
そこでぎっくり腰や寝違えにより動けなくなった患者をメインとした鍼灸治療院(目黒のもみ家)にて出会った石塚宏先生(現在YNWA鍼灸整体院院長)の下で修業に励む

平成18年柔道整復師免許取得
平成19年はり師きゅう師免許取得

平成21年に権之助のもみ家開業に伴い分院長を任されることになり、平成23年までの間にバレエダンサーやアメフトの選手等の治療を行う

東日本大震災時に帰宅難民として長時間ウォーキングシューズでの歩行にて腰椎椎間板ヘルニアを発症し、徒歩困難な状況から自らの鍼灸治療にて3ヶ月間で日常生活に問題ない状態までの回復を果たす。

同年スポーツ外傷メインの整骨院(楽整骨院)に修業の場を変えて、一日の平均来院患者数100人の治療院にて副院長として勤務する

平成26年までの11年間、治療患者総数約60000件以上の実績を基に集大成として
翌年27年に飯田橋で和のなか鍼灸院整骨院を開業に至る

現在、震災時に起こした自らのケガにて日常生活における姿勢や歩行の重要性、長年かけて出来上がったクセからくるカラダへのダメージを治療を通じて患者様一人一人がリセットできるように日々研究し励んでいます

患者様の声

治療コースおよび料金

※慢性疾患は鍼灸保険利用で下記の表示価格から保険で減額できます。
(詳しくはご相談ください) 

デスクワークコース
4500円(目安時間20~30分)

※下記のうち一つをメインに行います 
① ストレートネック、肩こり
② 腰痛、坐骨神経痛(ヘルニア、脊柱管狭窄症)
③ 片頭痛、眼精疲労
④ 足裏むくみ
⑤ 顎関節症
⑥ 五十肩

一言コメント:痛みに我慢して、悪循環になる前にカラダを整えてあげるのがベターです。